大根島と牡丹について



大根島は約20万年前の噴火活動によって誕生した、中海に浮かぶ小さな火山島です。島の土台は「玄武岩」と呼ばれる島石によって作られています。その上に大山や三瓶山から栄養豊富な火山灰が降り積もりできた肥沃な黒ぼく土壌が、古くから牡丹や高麗人参を育んできました。

大根島の牡丹は約300年前、全隆寺住職が秋葉山(静岡県)に修行に訪れた際に薬用として持ち帰り、境内に植えられたのが始まりとされています。その後農家に普及し、品種改良が進みました。そして戦後に、芍薬の苗に牡丹の芽を接ぎ木する技術が開発されました。牡丹の苗木の量産が可能になると、島の女性たちが籠いっぱいに苗木を背負い全国へ行商にあるき島の牡丹を有名にしました。このことがきっかけとなり、今日では国内最大の牡丹の生産地となっています。

4月下旬から5月上旬には、島内では豪華絢爛な牡丹が咲き誇ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加